助産院とは~助産院で出産をお考えの方へ~

助産院でのお産や自宅でのお産

自然で家庭的なお産を求めて助産院や自宅出産を希望される方がふえています。
しかし、それは、望めば誰もが可能な出産方法ではありません。
助産師が扱うお産は法律によって、

元来合併症がなく、妊娠中の経過に大きな異常がない場合 に限られています。
 1つ間違えば母子共の生命にかかわる危険が伴います。

費用やケアの内容についても、納得してご利用ください。



もしものときのことも考えておきましょう

 何事もなく生まれるのが当たり前。。。ではないのです。
 お産は一人一人違います。
 
 緊急時には、医療機関への搬送もありうることです。
 搬送にならずとも、薬を使用することもあります。

 助産所でできる医療行為には限界があることをご理解ください。

 

見学の前に読んでください

としの助産院での出産をご検討中の方へ   

 こちらをお読みになった上で、「見学・説明会」の申し込みをして下さい。

 

以下の項目に1つでも当てはまる方は当院ではお受けできません。

□     合併症がある(喘息、甲状腺機能異常など)

□     血液型がRh(-)である

□     感染症がある(B型肝炎、C型肝炎、HIVなど)

□     子宮筋腫がある、又は子宮に異常がある

□     子宮の手術をした事がある(筋腫核出など)

□     帝王切開をしたことがある

 

妊娠に伴う、以下の項目が当てはまる場合も、当院ではお受けできません。

□     多胎妊娠である(双子、三つ子など)

□     胎児に異常がある(胎児発育不全、奇形など)

□     羊水に異常がある(羊水が多い、少ないなど)

□     前置胎盤といわれている

□     妊娠経過に異常がある(高血圧、高血糖など)

□     逆子(骨盤位)がなおらない

 

以下の項目もチェックしてみましょう

  *嘱託医と相談の上、相談により応じます。

□     喘息の既往がある

□     不妊治療による妊娠である

□     高年初産である(35歳以上)

□     前回の妊娠・出産で異常があった(早産、胎児異常、出血多量など)

 

助産所業務ガイドライン2009年改訂版に準じております。

上記以外にも細かく取り決めがございます。

ご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。

 

        

 「見学・説明会」のお申し込みは 『お問い合わせ』からお願いします。

    以下の内容をお書きください。

    

    分娩予定日:  年 月 日

    お産の回数: 回目・初めて

    希望日時 :① 月 日 時 

          ② 月 日 時 

     

     ※所要時間は40分~1時間程度です。

      持ち物:(経産婦)上の子の母子手帳

      費 用: 1000円